中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

MUSASHINO COLUMN

武蔵野コラム

2020/10/22 21:18

経営

VUCA リーダーシップ

技術の発展や経営のグローバル化といった変化を受けて、

現代のビジネス環境は先行きの見通しが立たない状況(VUCA時代)になっています。

どれだけ優れた経営者でも、数年後の未来がわからない以上、

これからの時代には現場で働く社員1人ひとりの判断力と対応力の育成が必要不可欠です。

そこで今回は、VUCA時代と呼ばれる、現代の複雑なビジネスシーンに求められるリーダーシップについて解説していきます。

 

VUCA(ブーカ)とは予測困難なビジネスシーンのこと

VUCAとは、以下の英語の頭文字を取った造語です。

・Volatility(変動性)

・Uncertainty(不確実性)

・Complexity(複雑性)

・Ambiguity(曖昧さ)

簡単にいうと、「予測困難な状況・状態」のことを指します。

もともとはビジネスとは関係のない分野で使われていた用語ですが、

急速に発展し、複雑化していく現代のビジネス環境をひとことで表現できるという便利さから、

経済関連の世界的なイベントや研究で取り上げられるようになりました。

 

実は、VUCA時代とそれまでの時代のビジネスに求められる能力は、大きく変わっています。

急速に変わっていく消費者や市場が会社側の変化を待ってくれない以上、

経営体力の限られた中小企業が生き残っていくためには、新しい時代に合わせた環境づくりや社員育成が必要不可欠です。

 

VUCA時代となり変化した4つのこと

ここからは、VUCA時代となりどのようにビジネスが変わったのかを詳しく解説していきます。

1. インターネットの発展によってビジネスが複雑になった

Volatilityは変動性、つまり急速に移り変わるサイクルの激しさを示しています。

まったく同じ種類の商品でも、日夜新製品が開発され、シェアを取れないものから消えていくのが現代の消費サイクルです。

インターネットとSNSの発展にともなって、現代の商品・サービスは「飽きられる」ペースが急激に早まるようになりました。

長年親しまれてきた商品・サービスならともかく、新製品の売上を安定させるためには、

日夜トレンドと興味が移り変わるSNSやインターネットを上手に使いこなす広告戦略が必要不可欠です。

人によって、また世代によって広告に対する感覚や刺さる広告の種類は変わってきます。

ターゲット層に刺さる広告を作ったり、世のなかの変動性をうまくつかみ取った商品の改善案を出したりするためには、

カリスマ性よりもチーム全体の意見や力を引き出すようなリーダーシップが必要になってくるでしょう。

2. グローバル化で中小企業も世界経済の影響を受けるようになった

Uncertaintyは、グローバル化の影響にともなって、ビジネスの先行きや成功率が見通せなくなっていることを意味しています。

インターネットや物流を通して、大なり小なり国や企業同士の経営状態につながりができた現代では、

遠い外国の不況や災害が中小企業の経営にも影響を与えるようになりました。

海外との取引が多い企業ほど、国内だけでなく世界情勢にも目を向けておく必要があります。

とはいえ、1人のリーダーや管理職が全世界の情勢を把握することはできません。

チームメンバーの能力や性格を把握したうえで効率良くさまざまなソースの情報を集められるように、

普段から部下や同僚と積極的にコミュニケーションを取る能力も、リーダーには求められます。

3. 小規模ビジネスモデルが増えビジネスの仕組みが複雑化した

ビジネスという仕組みそのものの複雑化を指しているのが、Complexityです。

かつては企業に所属し、社員や役員としてのみビジネスを行うのが一般的でしたが、会社法の改正や技術の発展にともなって、

ベンチャー起業やフリーランスといった働き方が増えてきました。

革新的なアイデアや、突き抜けた技術力を持った個人の生み出した商品が、

市場のあり方を大きく変えてしまうことも少なくありません。

少人数でできるビジネスの幅が広がったからこそ、企業は次々と出てくる新製品や斬新なアイデアに、

どうやって対応すべきか考える必要を迫られるようになっています。

 

上から下へ意見を押し付けるようなトップダウン型のリーダーシップは、社員への圧力が高いので柔軟な意見が出づらいです。

より多くの意見を気軽に出してもらうためには、ボトムアップ型の組織づくりを考えたほうがよいでしょう。

4. 技術革新で従来のやり方で成功するかどうかわからなくなった

最後のAmbiguityは、ビジネスの成功モデルが曖昧になっていることを示す言葉です。

ある程度日常的に利用する商品やサービスが完成してしまっている現代では、

他社と同じようなものを作ってもなかなか売れなくなってしまいました。

そんななかで売れ行きを伸ばしているのが、「これまでになかった商品・サービス」です。

しかし、これまで市場になかったまったく新しい商品や、既存商品・サービスの新しい活用方法はそう簡単に出てきません。

また、新しいものが利益につながるということは、従来のノウハウや知識では成功の見通しを立てられないという問題でもあります。

大企業に比べて体力のない中小企業が市場で生き残っていくためには、

新しいことやリスクをいとわず決断できるリーダーシップも必要不可欠です。

 

中小企業にはVUCA時代に合わせたリーダーシップが必要になる

急速に商品やサービスのサイクルが入れ替わる現代のビジネスでは、変化や意見を受け入れ、

幅広いアイデアを生み出したり形にしたりできるチーム型のリーダーシップが求められるようになります。

ただし、意見の出しやすさや協力のしやすさは、職場環境次第です。

中小企業は、チームの力を引き出すリーダーシップを育成して、VUCA時代を乗り切りましょう。

その他のカテゴリーOTHER CATEGORY

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT