中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/11/30 19:26

売上を上げる方法

売り上げを上げる方法は2つあります。

①単価を上げること。
②客数を増やすことです。

武蔵野の第二支店の売り上げが増えているのは、お客様の数が増えているからです。

顧客単価を上げるというのは、
間違った考え方で、会社が成長しません。

「顧客数=お客様の数」が増えることが大切なのです。

お客様の数が同じで、売り上げが上がったというのは、
サボっていたということ。

顧客数が増えて、売り上げが上がったのは、
真面目に仕事をやっていたということです。

よく、一番手っ取り早い方法として
「客単価を上げる」といいます。

昔のデパートでは、
地下1階から10階まで、惣菜から家電製品にいたるまで、
家庭に必要な物はすべて売っていました。

でも、主婦がすべての商品をデパートで買うかというと、買いません。

主婦は
「A店ではいくら」「B店ではいくら」と、
“使う金額”を決めている。

だから、顧客単価を上げるのは不可能なのです。

また、(主婦でなくても)飲食店では、
顧客単価が上がれば、その店に行かなくなり、他の店に行きます。

要するに、“お客様が使う金額は限られている”のです。

客単価は上げられないので、
どうしたら良いかというと

会社の業績を伸ばすには客数を増やすしかありません。

客数が増えると、確率的に良いお客様が増えます。

よく
「良いお客様だけ」、
「客単価の多いところだけ」を狙おうとしますが、
それは間違いです。

数が多くなれば、客単価の高い、良いお客様だけが残る。

「客単価を上げる」という考え方は「膨張」で、
『数が増える』ことを『成長』といいます。

成長戦略は、なにしろ数を増やすことです。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT