中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/12/07 19:27

できる営業は、ペラペラ喋らない

新規のお客様を訪問した際に「モニター」をしていただいているのは、
次にまた訪問できるようにしているからです。

初回の訪問時にすぐ契約をしようとして断られてしまったら、次回行くことができません。

初回で契約がとれたらそれは楽ですが、
そうではなく、できるだけ面倒臭く営業をさせているのです。

見本品を使用していただきながら、その期間に、
①ハガキを出す②電話をかける③訪問をする。

電話もハガキも、一回訪問したのと同じ。(実際の訪問は2回目でも)

次に訪問した際には、4回目の訪問ということになるので、
「何度もおいでいただき、ご丁寧に…」となるわけです。

営業とは、次に訪問ができるようにしてくることです。

例えば、大型機械を売っている会社なら、初回訪問時に提案書を持参しますが、
その提案書、実はどうでも良いのです。

お客様に「こんな提案はダメだ」と言われます。
その“言われること”が大切なのです。

「そうですか、ではどのように」とお尋ねすれば、
お客様は「これこれ、こうで…」と教えてくださいます。

お客様に言われたことを持ち帰り、修正してまた持って行くのです。

そうするとまた言われますので、言われたことを持ち帰って直し、また持って行き、
また言われたことを持ち帰って直し、、、そのようにしているとどうなるでしょう?

もう、お客様のほうが断れなくなるのです。

ヒアリングができる営業マンが、優秀です。

ダメな営業マンは「立て板に水」のごとく、
自分だけペラペラ喋りますが、お客様の言うことはひとつも聞いていません。

お客様に話をさせた営業マンが、実は優秀なのです。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT