中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/11/23 19:25

近道は暇な時にする

お客様のところに行く際、
時間ギリギリになってしまったからと近道を行こうとする。

そういうときは大抵、
行き止まりなど、変な道に迷い込んだりしてしまうのです。

ですから、
急いでいる時ほどゼッタイに、いつもと同じ道を行かなければなりません。

でも、時間があるときは、新しいことにチャレンジして良いのです。

暇な時に調査をする。

私は、時間があると新しい道に行ってみます。
「そうか、こうなっているのか!」と確認したら、地図を見ます。
歩いた後、車で走った後、私は必ず地図で確認をしています。

みなさんは地図を見ないから、いつも走る道の隣に一方通行の道があるのを知らないのです。
一方通行の道を走れる人は、仕事ができる人です。

私はいまでも、17時30分に会社を車で出て、渋谷駅まで45分で走ることができます。
両面通行を走っていると1時間30分かかっても着かないことがありますが、
私は一方通行しか走らない。

一方通行は(基本的に)渋滞しないからです。

一方通行は(行きは良いけど帰れないという)面倒臭さがあるので利用しない人が多いですが、
常日頃から一方通行を走るクセをつけておけば、
いつでも早く走り、早く目的地に着くことができるのです。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT