2020.11.02

頭の回転を良くするには

経営改善コラム

1

頭の回転を良くするには、手で数字の計算をすることです。

自分の手で電卓をたたいて計算をするのと、
コンピュータに計算させて結果だけ見るのでは、アクションが大きく違います。

またその際、(自社の)数字も自分で調べて計算すると、さらに理解が深まる。
そうすると、論理的になります。

私は毎年、経営計画を作る時、
日頃数字の計算をしていないので、頭の回転が非常に悪く、
経営計画作成モードになかなか入れません。

そこで、事業年度計画を作るなど、
初日は一日中、手で数字の計算ばかりしています。

そうすると、頭の回転が良くなってきます。
それをしないと、あっという間に3日経ち「空白の3日」になる。
時間を損してしまうので、自分で、すぐ全回転に入れるようにするのです。

その際、コンピュータを使うより、電卓を使って手で計算したほうが、
頭が早く論理的になります。
そのあとで方針など、色々な事を考えたほうが良いのです。

日頃頭を使っていない人が、
企画だ、三角だ(笑)、とアタマをひねっても、
あっという間に一日が終わってしまいます。

ですから、まず“手で計算をする”。
私の場合、手を使わなければ、経営計画書はできません。

これまでに全国から24,000人が参加!

18年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)