中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/04/20 07:00

人件費

どの会社も、みなさんも私も、計画や予算を作ります。
しかしながら、その計画は、98%の確率で達成しません。

一番達成しないのが利益。次は売り上げ、三番目は粗利です。
でも、どの会社でも100%達成するのは「人件費」です。
この、使った人件費を活かせるかどうかの一番の要因は、社員の教育をするかどうか。
要は、教育研修費をどう扱うかです。
教育をしなければ、使った人件費は活かされません。

私も社員になりたての頃は、会社に来ること=働くことだと思っていました。
成果をあげるなど、これっぽっちも思っていませんでした。
多くの人がそうです。
ですから、「働く=成果を上げる」ことだと教育をしなければなりません。
成果を出すとは、お客様に喜ばれること。
お客様に喜ばれることとは、面倒くさいこと。
面倒くさいことは誰もやりたがりません。
そこでわが社では、訓練をしているのです。

環境整備は、仕事をやりやすくするための環境を整えること。
そのことを掃除を通して、徹底して教えています。
掃除が好きか嫌いかといえば、みな嫌いです。

会社の中で、嫌いなこと、イヤなこと、面倒くさいことをやらない人が、
お客様のところに行って仕事ができるはずがない。
お客様のところのほうが色々な状況があり、さらに困難が待ち受けているわけですから。

ですから、人件費を活かすためには教育をしなければならないのです。
多くの会社は、社員教育をしても人が辞めたら損だと思っていますが、それは反対です。
教育して人が辞めたら“得”なのです。
会社全体のスキルが上がっているのですから。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT