中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2021/08/17 15:00

希望的観測をしない

希望的観測は、なんとかなりません。
なんとかならなかった挙句、会議で「こんなはずじゃなかった」と言うのです。
「それは甘かった!」ということです。

なぜそうなるかというと、社内でアセスメントをしないからです。
「売上が上がったら…」と良いことばかり考える。
物事は、良くなる局面と、悪くなる局面を、2つ考えなければいけません。

私は「絶対こんなにうまく行くのはおかしい」と、常に、悪くなる局面も考えています。
落とし穴が絶対どこかにあると思って、いつも対策をしているのです。
それでも甘いのです。

なぜこの『希望的観測』という言葉が、私の著書「仕事ができる人の心得」に入っているかというと、
自分(私)が、昔、「それ・・・こんなはずじゃなかった」ということを、たくさんしてきたからです。

知りたくない現実を、早く知ろうとしなければ対策が遅れます。
なんとかなる?
なんとかなったことは、過去に一度もありません。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT