中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2021/08/17 14:35

管理職に必要な3つの能力

管理職は、部下のモチベーションを上げることが大切です。
ですからこんな人が向いています。

①頭が柔らかい人。
②結果ばかりでなく、プロセスもチェックする人。
③部下の話を黙って30分間聞ける人。

①「頭が柔らかい」とは、上司に言われたことを素直に実行できる人のこと。
「頭が固い」とは「そんなことおっしゃいますけど…」と、ひとこと言う人です。
頭が柔らかいか/柔らかくないかは、人間が素直か/素直じゃないかです。
成長する/しないは、能力が高い/低いではなく、
ヒトの言ったことを素直に信じられるかどうかです。

②「結果ばかりでなく、プロセス…」
結果が出ないのはプロセスに問題があるからです。
結果を言う前にプロセスをチェックすることが大切です。
部下は一生懸命頑張るのですが、成績が上がることで一生懸命頑張らせてあげなければなりません。

③「部下の話を黙って30分間聞けるか?」
どの管理職に聞いても「ムリです」「きびしい」という答えが返ってきます。
私はちゃんと30分聞いています。
でも、上司に30分、話を聞き続けられる(相槌ナシで自分が話し続ける)のは、実は大変なことなのです。
内定者同行で、私は内定者に
「30分、時間をあげるので自己紹介をして下さい」と言いますが、30分は相当大変です。
私は黙って聞くことにしています。
話す30分は大変ですが、30分黙って聞くことはできます。
自分より年下の人の話を素直に聞くことが大切です。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT