2019.07.08

幹部

経営改善コラム

IMG_2930 (1)

誰もみな、小学生の頃は学校に行くと
先生の言うことを素直に聞いていました。

それは自分に“体験と知識がなかった”からです。

ところが幹部になると、
体験と知識と“実績”が豊富になる。

その実績に裏付けされて
「これが正しい」
という固定概念を持つ。


幹部には、
数字で“知りたくない現実”を知らせることが大切です。

数字を見ないでいろいろな話をすると、
どの幹部も、自分が頑張って来た過去の感覚で発言をします。


「数字」とは、
「自部門の前年同期と比較してどうか」です。
その事実(数字)は幹部が甘くなるのを防げます。
甘くなるのは、数字がないからです。

前年の営業利益と今期を比べ、
前年の売上と今期を比べ、
数字で示せば、どの幹部も甘くなりません。


甘くならないようにするには、
“数字で、客観的に知りたくない現実を知らせる”ことです。

“数字はそれだけで言葉”だからです。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)