2019.06.24

活力

経営改善コラム

IMG_2959

人間は誰しも、自分の欠点を直そうとします。
でも、欠点は直せません。

そもそも、なぜ“欠点”なのでしょうか?

白い大きな紙に、
1cm程度の赤いマークを付けると赤が目立ちます。
目立つのは“白の長所”が多いからです。

「欠点がある」とは、
「白の長所が多いから、赤の欠点が目立つ」
ということなのです。

こんどは、
赤い紙に同じ大きさの白いマークを付けると、
白が目立ちます。
長所が赤だからです。


欠点は、なくしてはいけないのです。
それよりも長所を伸ばしていくほうが早い。

欠点をなくそうとすると、活力がなくなります。


干し柿は、甘柿を吊るして作るのではなく、
渋柿を吊るします。
渋柿が太陽の光に当たって甘くなる。
渋(欠点)が熟して、将来甘く(長所に)なるのです。

私も、欠点である
「落ち着きがないこと」
をそのまま活かしています。

落ち着きがないから、日本中、世界中を飛び回れる。
落ち着きのある子は、良い子なのでしょうか?

会社の中にずっと落ち着いているアナグマ社長と、
世界を飛び回っている落ち着きのない社長と、
どちらが良いのでしょう?

『数字が人格』です。


ともかく、欠点を直すのではなく、活かしていく。
なんとかならないものを、
なんとかしてはいけません。

おかげさまで、私どもの会社は、
2018年度も増収を達成いたしました。
「強い組織」だからこそ、できたことだと思っています。

しかし、社長だけが頑張っても
「強い組織」はできません。

一人一人が、会社を支えるという意識を持ってこそ、
本当に「強い組織、強い会社」になるのです。




全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)