中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/11/16 19:23

「お金を粋(いき)に使える(使う)」とは、
「集中して使える(使う)」ということです。

あれもこれも、なんでもかんでも使っていると、お金は生きません。

私の場合、その昔、
スナックに飲みに行くのにも「行く店は3軒」と決めて、
他の店には一切行きませんでした。

店に行き、
自分で決めた自分の席が空いていなければ、そのまま帰っちゃう。

また、その席に座って飲み始めていても、
お客さんがたくさん入ってきたら、「お会計!」と言って帰っちゃいます。

そして、どんな時でも、基本的に長居しません。

お寿司屋さんでは、私が一番最後に注文しても、
一番最初に注文したものが出てきます。
それは、私がすぐ帰ってくれるからです。

店としては、かき入れ時にお客さんにダラダラ居て欲しくはないのですが、
お客さんは「せっかく来た」のだから長居したい。
それはそれで良いのです。

他のお客さんは、お客さんの都合で飲んでいますが、
私は店の都合で飲んでいるのです。

ですから、私にはネタケースに入っていない良いネタが出てきます。
でも、値段は誰よりも安い(笑)。

粋に遊べる人は、仕事も粋にできます。

仕事も、遊びも、食事を注文するのも、
すべて同じアタマでやるのです。

一点集中。

セールスも同じ。
あっちもこっちもではなく、
「この地域でやる」と決めたら集中する。

そうしなければ一番にはなれません。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT