中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/10/12 19:14

“分析”を目的にするな

多くの方が、“分析をすること自体”が目的になってしまっています。
いくら分析しても、なにも変わりません。
大切なのは、“分析した結果を基にして、自分の行動を変えること”です。
それができなければ、いくら分析をしても意味がありません。

また、分析をする際には、「売り上げが上がったこと」ではなく、
「なぜ売り上げが上がったか」
「お客様がどのように知ったか」
「認知経路はなにか」
「お客様がどういう動機で購入したか」を分析しなければなりません。

分析とは、原因または事情を推定することです。
分けて、並べて、比較することです。
データの中の偏った部分を見つけることです。
これ以外に手を打てない。
部門別に、大きい順に。
そうすれば、今までわからなかったことがわかってくる。

売り上げが上がった“後ろ”を分析して「良かった」ではなく、
「なぜ上がったか」の“前”を分析することが肝心です。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT