中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/08/24 07:00

銀行の信用

銀行からお金を借りるにあたって、例えば1,000万円を借りたとして、
何年で返済をするかというと、銀行に信用のない会社は、1年です。
それ以上は貸してくれないのです。

まぁまぁの会社は3年、5年で貸してもらえる会社は、超優秀会社。
わが社は、その5年で借りています。

1年では、銀行の言いなりにならなければなりません。
ちょっと業績が悪くなって、銀行がお金を貸してくれなければ、会社は潰れてしまいます。
なので、わが社は必ず
「5年で貸してください」とお願いしています。

そうでないと何かがあったときに大変なのです。

銀行がお金を貸すか貸さないかの判断は、会社の成績(数字)と、もうひとつ、
それは“社員”です。

銀行の人が会社に訪ねてきたとき、社員が挨拶をしないと「この会社はダメだ」と、
お金は貸してくれないのです。

また、会社が汚くてもダメです。
環境整備がきちんとできている会社には、銀行もお金を貸します。

それなのに、環境整備をやるというと、多くの会社で幹部社員が反対する。
おかしいですよね、自分の会社が潰れるようにしているのですから。

銀行にはそういうところを見られていますよ。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT