中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/06/22 07:00

2倍に見せる

人間の感覚は、数量的感覚と、目で見て入ってくる感覚とには、ズレがあります。

その錯覚やズレを利用して、少ない商品がたくさんあるように見せるということは、
非常に大切なことなのです。

ランチェスター理論で、「1.7倍あると2倍に見える」という二乗法則があります。
商品陳列ケースなど、たった1.7倍の広さでも、感覚としては2倍に見えるのです。
そういう陳列をしているお店は、繁盛しています。

例えば、パチンコ店。
普通の店は「ボックス」を1台しか入れないのですが、
ある沿線のナンバー1パチンコ店は、1ボックスに5台くらいをくっつけて入れています。
そうすることで、台がたくさんあるように見える。
だから、お客様がいつもたくさん入っているのです。

これを応用して、セミナーなどで、いつもより参加人数が少ない場合は、
机と椅子の間を広げてあげると、同じ人数でもたくさんいるように見えます。
あるいは、同じ人数なら、広い部屋から小さい部屋に変えるのです。

お客様の心理を考えて行動しなければ、うまく行くこともうまく行かなくなります。
理論をわかってやっているお店と、そうでないお店とは、違います。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT