中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/05/25 07:00

席につく

物事は、立地=場所が大切です。
高速道路にレストランがあっても、立地が悪くては、お客様は入りません。
人は、目的地に着いてからレストランで食事をしたいと考えるからです。
よって、高速道路の上り車線にあるのは、ガソリンスタンドがほとんどです。

同じように、場所をどこにとるかによって成績が違ってきます。
営業でも、お店でも、デートでも、どこに場所をとったかによって、
既に成績が決まっているのです。

たとえばコンビニ。
東小金井からの上り車線と下り車線では、どちらが多いでしょうか?

正解は、仕事帰りに買う確率の高い「下り」です。
コンビニは、先に下り車線で発展しました。

でも、これは一例で、上り車線のほうが良い商売と、下り車線のほうが良い商売があるのです。

ドライブインで一番売れるのは、入り口付近ではなく、トイレのそばです。
トイレが終わったら、人は買う気になる。

何も考えずに、席や場所を選ぶから成績が上がらないのです。
電車もバスも、基本的に私は一番前に乗ります。どこで家を作っているかが見える。
すなわち、セールスする場所がわかるし、どこの道路で工事をしているかもすぐわかります。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT