中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/03/09 07:00

平穏

人は「自分の人生は、何事もなく、限りなく穏やかでいたい」
と思っているにもかかわらず、テレビ番組ひとつとっても、
エキサイティングなものを見たがります。

他人はエキサイティングでもよく、わが身は穏やかなことを望んでいます。
でも、どの人も必ず、良い時もあれば、悪い時もあります。

しかし、私自身の経験から言っても“悪いことの後には、必ず良いことがある”のです。

だから、悪いことが続いて「もうダメだ」と投げ出してしまう人と、
「これから良いことが起きる前兆だ!」と思っている人とでは、大きな違いがあります。

それは【心構え】です。

私自身、社長になりたての頃には
「社長を辞めたい」と思ったことが6回くらいありました。
この話をすると「小山社長でも、そんなふうに思うことがあるのですか?」
と驚かれますが、私だって人の子です。

その最中私は、信じられないくらいガクッと落ち込んでいるのですが、
暗い顔を人前で見せたって、問題が解決するわけではありません。

「ダメなことはすぐやめる」、
「なんとかならない」、
「成果の出ることに特化する」と決め、
それらのハードルを切り拓いていくのです。
そうすれば、平穏な時がまたやってきます。

だから、常にチャレンジ、チャレンジ、またチャレンジですよ。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT