中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/02/24 07:00

部下

誰しも「自分は人から良く思われたい」と思っています。
だから、自分に都合の悪いことは言いませんが、他人に都合の悪いことは言います。

『人の不幸は蜜の味』だからです。

もちろん私も社員の頃、自分に都合の悪いことは、上司には言いませんでした。
そういう人間が、まともなのです。

そこで何をやらなければいけないかというと、
「部下が正しく報告しているかどうか」を知るために、上司が現場同行するのがひとつ。

もうひとつ私がやっていたのは、
「どこを何時に訪問するか」が解っていたので、
「きちんと運転ができているか」、「駐車で迷惑をかけていないか」、
「お客様訪問の際、挨拶をちゃんとしているか」を、
横断歩道橋の上から、双眼鏡で見ていました。

“部下は信用していたけれど、部下の仕事は信用していなかった”からです。

営業から帰社した時「毎日きちんとやっているか?」と聞くと、
部下は必ず「やっています」と答えます。

私が「今日、○○さんで、交換したマットを踏みつけて帰ってきたじゃないか」、
あるいは「挨拶をしないで入って行ったじゃないか」と言うと、
「えっ! なんで知ってるんですか?」と。

「双眼鏡で見ていたんだ」というと、部下は驚きます。

また「訪問して来ました」と、明らかにウソをついているのが解る場合は
「どこに行って来たか?」を訊き、
その部下を連れその訪問先をピンポーン
「すみません、今日、私どもの社員が何時頃お邪魔したでしょうか?」
と尋ねると、(来ていないので当然!)「来てませんよ」という答えが返ってきます。

後ろに立っていた部下は
「すみません、実は訪問していませんでした」と、頭を下げるしかありません。

“人は信用しても良いが、仕事を信用してはいけない”のです。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT