中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/06/03 07:00

会社

私自身も社会人になりたての頃は、
「会社に行って作業すること」が
「働く」ことだと思っていました。

製造業でアルバイトをしていたこともあり、
一定の時間、機械の前に立っていれば製品ができたので、
それが仕事だと思っていたのです。

ところが、サービス業に移って、
一定の時間、車の前に立っていれば何かが変わるかというと、
何も変わらないと気づきました。

仕事によって、出勤すれば成果が出る会社と、
自分でアクションを起こさなければ成果が出ない会社と、
2つあるのです。

さらに、「働くとはどういうことか」ということを、
上司が教えてあげなければ、
私のような能天気な社員が必ず居ますから(笑)、
働く意味をきちんと説明することが必要です。

それは、
何をするかという目的を明確にし、
作業工程を教え、実際にやらせ、
チェックをすることです。

営業でも事務でも、社員の仕事が上手くできないのは、
上司の作業チェックミスです。
教えればちゃんとできると思うのは間違い。
途中の作業工程をきちんと見ていなければいけません。

最初から「この人はできない」、「この人は必ず間違う」
という基準でチェックをしなくては、なかなか成果になりません。

社長の方針を実行して、成果を出すのが“会社”なのです。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT