中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/05/20 07:00

多くの人がみな生活に追われて夢を持ちません。

また、正月に初詣をし、お賽銭をあげて
「今年はこのようにして下さい」とお願いをしますが、
ほぼ100%の確率でそのお願いは実現しません。

それはなぜかというと“夢に数字を入れないから”です。

夢に数字を入れることを『計画』といいます。

例えば「結婚したいなぁ」と思っても、結婚できません。
結婚相手ができて「○月○日に結婚式をしよう」と決めれば、
すべてが決まるのです。
披露宴に誰を呼ぶか…など具体的に実現します。

「結婚しよう」という夢、「家を建てたい」という夢、
その夢に日付けを入れなければ実現しないのです。

人は、自分が実現できない夢は持ちません。
誰もが必ず「宇宙に行きたい」という夢を持っているとは、私は思いません。
でも、誰もが持つのは、その人自身が実現可能な夢なのです。

夢を持って行動する人と、夢がなくて行動をしている人との差は大きいのです。

実践経営塾で、実際にあった話です。

どんなに将来の数字が思い浮かばなくても、
「では、売上をゼロ円に」とアドバイスをすると、
「いや、2000万円は欲しい」と答えが返ってきます。

夢に数字を入れるということは、「正しい数字」を入れることではありません。

なんでもいいから、この数字を達成したいと願う数字を入れてみる。
そして、時間をかけて達成していけばいいのです。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT