中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/05/13 07:00

チェックリスト

多くの人は、チェックをする場合、頭の中でチェックします。

しかし、頭の中のチェックでは、必ず“抜け”が生じます。

よって、必ず「チェックリスト」を作って
チェックしなければなりません。

私は、PDA(携帯情報端末)で
スケジュールをチェックしています。

そして、個別スケジュールは必ずプリントアウトして、
アナログデータで持っています。

空いた時間があれば、
スケジュールとPDAのデータを組み合わせ、
どこまでできているかチェックをし、
予約などが完了したら●を付けています。

そうしておかなければ
「予約した」「あるいは誰かに指示した」
などは忘れてしまいます。

人はなぜメモをするのでしょう。
それは忘れるためです。

なぜ、チェックが必要か。
チェックして記録したら、忘れて良いのです。

みな憶えておこうとしますが、
許容量があるということを忘れているようです。

私は、JRのチケットを買う場合、
前もって白紙の購入申込書を持っておいて、
空いた時間に必要事項を記入し、窓口ですぐ買えるようにしています。
(駅に行ってから記入して買うなどしません)

チェックとは、その場でするのではなく、
事前にどのくらいチェックリストを準備しておけるかで、
仕事の中身が変わります。

口頭で伝えるだけでは、絶対に抜けがでます。
「はい」と返事をしたら、その場でメモをとることまで徹底する。

私は、携帯電話のメールにメモをして、自分に送信しています。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT