中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/03/11 07:00

後始末

今回のテーマは【後始末】です。

何かを始めることは、誰にでもできます。
新規事業を始めるのは、簡単です。

例えば、○○さんが新規セールスに行きます。
見本投入を数多くします。
それは簡単です。

しかしその後で、見本を回収するのが大変なのです。

何ごとも始めるのは容易です。
見本投入した会社を全部訪問して契約し、
未契約のところの見本を100%回収してくること。

これが、「後始末ができる」ということです。
多くの会社が、新規事業をやりたがります。

そのこと自体に問題はないのですが、
本当は失敗してやめる時が大切なのです。
やめる時は、始める時よりも時間がかかります。

わが社にも、以前はたくさんの事業がありました。
これまで多くの失敗もしています。

本当に、たくさん失敗してきました。

ある事業をやめる時、コツは、一気にやめないことです。
そこで働いている人の心と、
ほかの社員の心がすさんでしまうからです。

私が社長になって、ある事業を立ち上げた時、
売り上げが3,000万円、投資が3億4,000万円かかりました。

この事業の撤退が、わが社で最も大きかった撤退です。

当時、五つの営業所がありました。
まず、これを三つに統合しました。

三つに統合すると、
遠くから来ているパート、アルバイトは必ず半分は辞めます。
さらに三つの営業所を二つに統合すると、また半分辞める。

このように徐々に撤退し、ピーク時に100人いた従業員で、最後に残ったのは3人でした。

事業をやめる時、急にやめてはいけません。
クレームの処理も同じです。

お客様と接して、
契約したその後のフォローがきちんとできていなければ、
一人前とは言えません。

後始末とは、そういうことです。
何ごとも、「立つ鳥跡を濁さず」です。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT