中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/02/18 07:00

えこひいき

今回のテーマは【えこひいき】です。

社員は毎回毎回、
営業に社長の私が一緒に行くと言ったらうれしいでしょうか?

おそらく本人は、
全然うれしくないと思います。
でも、一緒に行ってもらえない社員はふてくされます。

心の中で
「よかったな。今日はラッキー」
と思う心とは裏腹に、

「何だよ、○○さんばっかりえこひいきしやがって」となる。

これは、
行き当たりばったりで同行をするからです。

私は、えこひいきとは無縁だと思います。

というのも、事業年度計画(年間スケジュール表)に
環境整備点検は誰と誰、
お中元は誰と誰、銀行訪問ですら誰と、
すべて順番に行っているからです。

「何で僕と行くのですか」

と聞かれても、「いや、それは名簿順だからだ」
一度、決めたらそれで決まり。

よく考えて順番を決めていたら、絶対決まりません。
あいうえお順、入社順、基準は何でもいいのです。

デタラメに決めて発表すれば、
時間の経過とともにそれが正しくなるのです。

どんな決め方であっても、
計画に自分の名前が入っていたら
「俺は関係ない」と絶対に思えないものです。

掲げられている名前を見た時、
社長が真剣に決めていると思います。
「実際は適当に決めている。」と答えます。

多くの社員のことを考慮して順序など作れるはずがありません。
えこひいきをなくすためには、計画を適当に作ること。

該当する社員の名前が、どこかに書いてあること。
とりあえず作り、それを発表する。

例えば面談をする順番を作り、発表したとする。
都合の悪い人は、「僕、都合悪い」と言ってきます。

そういう時どうするか。

こちらで決めてはいけない。

「あなたが誰かと交渉して、順番を変えてもらいなさい」
と言うのです。

上司の側で変えたらだめです。
上司の権限で変えると不満が来ます。

本人に交渉させて、変えさせたほうがいいのです。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT