2019.11.04

多品種少量販売

経営改善コラム

20191104

商品が売れるか売れないかは、データではありません。

特に物販の場合は、一番売れる日にライバル店と自分の店を見比べ、
欠品している商品だけを調べる。
そして、その商品を仕入れ、売り場のフェイスを拡げる。

それだけで充分です。


「売上を上げる」のではなく
【お客様の欲しい商品を品揃えする】のが、
店舗で一番の販売戦略です。

「企画をして販売戦略を立てる」とか
「この商品をお客様に買って欲しい」というのは、店側の論理。

お客様は、自分の欲しい商品が豊富にあり
(豊富とは、種類が多いことではなく、同じカテゴリで何種類かあること)、
その中から選べることです。


答えは、お客様に聞くことです。

これまでに全国から24,000人が参加!

18年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)