中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2021/09/06 15:28

営業マンの適性

営業マンが見本を200本投入して、そのうち何本くらい契約できるでしょう?
だいたい1割の20本です。

ところが、私が営業マンになりたての頃は、なんと!1本でした。
信じられないでしょうが、事実です。
200本のうち1本しか契約できないのだから、私には「営業マンの適性」がなかったのです。

今は違います。必ずクロージング(仕事を締結)しています。
なぜそうなれたかというと、努力したからです。

要するに、どんなに適性があっても、どんなに才能があっても、努力しなければならない。
また、もし適性や才能があまりなかったとしても、努力をすればなんとかなるのです。

成績が上がるか、上がらないかの差は、上司のチェックです。
上司が部下のチェックをする、それが一番大切です。

営業マンは、適性よりも「今日はどこへ行くか」の行動計画、そして上司がそのチェックをしたかどうかで、成績が変わるのです。

本人の資質とは、まったく関係がありません。
上司がボンクラだと関係ありですが(笑)。

「営業マンの適性が自分にはあると思うか?」と聞いて「あると思います」と答えるヤツに限って、女の子にモテません。
適性があったら、女の子にモテるっていうことがわかってない(笑)。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT