中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/07/20 07:00

赤字をなくすには

赤字だから、その商品、あるいは事業部をやめるとどうなるかというと、
売上も仕入も、粗利もなくなる。

でも、人は変わらないので、“赤字の事業をやめると赤字が増える”のです。

どうしたら良いかというと、その事業を全部やめてしまうか、
全員、他の事業部に配転をするのです。

武蔵野でも、あまり売れない商品の取り扱いをやめましたが、お客様は減りませんでした。
2ー3件あったお客様は、他の加盟店さんに、まるごとお願いしました。
そのほうが良いのです。

扱い商品が少なくなれば、
・成績が上がる
・忘れ物がなくなる
・ルート効率が良くなる
・倉庫が小さくなる というわけです。

わが社は工場を持っていないけれど、
工場を持っている会社は、収益率の悪いものを外注しなければいけません。

儲かるものを外注しているのは、ダメな会社です。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT