中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2020/02/03 07:00

販売の方法

販売には5つの方法がありますが、
自分の会社にはどの売り方が合っているかを探すことが大切です。
自社は店頭販売なのか、訪問販売か、代理店販売か、配置販売か、展示販売か、
そして、現在「何で業績を上げているか」を知ることが一番。

それにもうひとつ、(例えば)訪問販売に媒体を付加したら
成績が上がるかどうかという対策をやってみるのです。

そこで一番陥りやすいのは、テレビ広告です。
テレビ広告をすれば売れると思いがちですが、
シェアの小さい会社がいくらテレビ広告をしても売れません。
CMを見たお客様が、「どこで買って良いか」がわからないからです。

テレビ広告をするのはシェアがナンバーワン、
あるいはマーケットが大きい会社でなければ、使う意味がありません。

また訪問販売も、大きな会社と小さな会社では手法が違います。
新しい小さな会社は、辺境の地やライバルが弱い、
誰も行かないような地域を、まず対象にします。
そこで実力をつけてから、だんだん都会に攻めてくれば良いのです。

このように、何をやるか。
自分の会社の地位によってやり方は変わってくる。
ですから、個別対応していかなければなりません。

実践経営塾の合宿では、経営者の方に、5年の長期計画を立ててもらっています。
販売方法の計画も、この中に入ります。
今ある資金、人材とやり方をそのまま導入したのでは、必ずどこかで首が締まります。

だからこそ、社長は長期の目線をもって、
少しずつやり方を変え、人を育てていかなければなりません。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT