中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

KOYAMA COLUMN

小山昇
経営改善コラム

2019/11/04 07:00

多品種少量販売

商品が売れるか売れないかは、データではありません。

特に物販の場合は、一番売れる日にライバル店と自分の店を見比べ、
欠品している商品だけを調べる。
そして、その商品を仕入れ、売り場のフェイスを拡げる。

それだけで充分です。

「売上を上げる」のではなく
【お客様の欲しい商品を品揃えする】のが、
店舗で一番の販売戦略です。

「企画をして販売戦略を立てる」とか
「この商品をお客様に買って欲しい」というのは、店側の論理。

お客様は、自分の欲しい商品が豊富にあり
(豊富とは、種類が多いことではなく、同じカテゴリで何種類かあること)、
その中から選べることです。

答えは、お客様に聞くことです。

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT