中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

MUSASHINO COLUMN

武蔵野コラム

2021/08/06 17:18

武蔵野社員の奮闘記

私が顧問になった理由【経営サポート/社長の営業プログラム】

今回からは顧問の井之上がお届けします。

●題:私が顧問になった理由
経営サポート事業本部 社長の営業事業部 顧問 井之上祐一

こんにちは、武蔵野で営業系プログラムの責任者をしている井之上です。
肩書きは「顧問」。
このことからもわかるように、私は武蔵野の社員ではありません。

前回このコーナーを担当したときに経緯をお話ししましたが、再登場となりましたので、
ふたたび簡単にご説明したいと思います。

私は鹿児島県阿久根市の出身で、家業は売上30億円程度の建設会社でした。
東京のゼネコンで修業をした後、家業に戻ったのは1994年、31歳のころです。

当時はバブル崩壊で公共事業が削減されていました。
家業は売上の多くを公共事業に頼っていたため、このままではジリ貧です。
危機から脱するには、前からやっていることをそのまま引き継ぐのではなく、経営者として一度しっかり勉強すべきではないか。
そう考えていた頃に、武蔵野が日本経営品質賞を取ったというニュースを聞いて、小山さんの存在を知りました。

当初は小山さんの本を買って独学で勉強していました。
しかし勉強していくうちにもっと深いところを知りたくなって、2005年に武蔵野の経営サポート会員になりました。
最初は武蔵野で講義をする側でなく、お客さんとして講義を受ける側だったのです。

ちなみに会員番号は73番で、環境整備のカスタマイズプログラムを受けた最初の会社でした。
今も続けていたら、古参会員としてきっと大きな顔をしていたと思います(笑)。

それがかなわなかったのは、2013年に社長を解任されたからです。
この解任には、創業者だった祖父の死去に伴う事業承継問題が絡んでいます。
その辺りの生々しい話はここでは明かしませんが、ご興味がある方は個人的にお話ししますのでぜひご連絡ください。

さて、解任後、私には二つの選択肢がありました。
一つは自分でゼロから起業すること。
もう一つは、知人の会社に転職することです。

はたしてどちらの道を選ぶべきなのか。
私はすでに経営サポート会員ではなくなっていましたが、意を決して上京し、小山さんにアポを取って個人的に相談しにいきました。

すると、小山さんから意外な提案がありました。
「井之上さん、うちで社長の見張りをやってみないか」とスカウトされたのです。

社長の見張りというのは、社長の営業プログラムのことです。
社長の営業プログラムは、トップ営業しないで会社に閉じこもっている“穴熊”社長に営業を指導するプログラムです。
穴熊社長は営業をサボろうとするので、そのお目付け役をやらないかというわけです。

経営者として再起することしか考えていなかったので、正直迷いました。
しかし、こうも考えました。
「武蔵野の中に入れば、経営サポート会員のときには見えなかったことが見えてくるかも。
経営者として再起するのは、それからでも遅くない」。
そう思い至って、このオファーをお引き受けすることにしました。

これが私が武蔵野の顧問になった事情です。
ちなみにまったく同じ時期に日本IBM出身の佐藤さんも「顧問」に就任されています。
見慣れない肩書きをつけた二人が急に現れて、社員のみなさんはさぞかし驚いたことでしょうね。

次回は“営業同行のつもりが現地見学会のアドバイス”です。
次回もお楽しみに!

-----------------

【無料オンラインライブ配信のご案内】

-----------------

■経営者向け無料セミナー
「小山昇の“実践”ランチェスター戦略」録画配信■

シェア獲得に苦労をする我々中小企業こそ、
これから先を見据えた継続的な利益向上のノウハウを
自社に落とし込んでいかなくてはなりません。

その為に最適なのが
【ランチェスター戦略】です。

大好評のうちに幕を閉じたこちらオンラインセミナー、
2日間限定でリバイバル配信いたします!
お見逃しなく!

お申込み・詳細はこちら

その他のカテゴリーOTHER CATEGORY

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT