中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

MUSASHINO COLUMN

武蔵野コラム

2021/01/25 22:11

経営

コア・コンピタンスとは【経営戦略/強み】

コア・コンピタンス(Core competence)とは、他の会社が持っていない自社だけの「強み」を意味します。

企業競争力を高めていくうえで、コア・コンピタンスを発見し、重点的に強化していく経営戦略が求められます。

この記事では、コア・コンピタンスの基本的な考え方や、コア・コンピタンスを見つける方法について

解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

コア・コンピタンスとは?企業活動の「強み」を見つけよう

コア・コンピタンス(Core competence)とは、競合他社にはない自社の企業活動の「強み」のことです。

ハーバード・ビジネス・レビューの「The Core Competence of the Corporation」の冒頭で、コア・コンピタンスは

「自社が持つさまざまな生産技能やテクノロジーを統合するための集合知」と定義されています。[注1]

つまり、企業が持つ技術やリソースを集約し、ひとつの「強み」として昇華させることが、

コア・コンピタンスの基本的な考え方です。

たとえば、自動車メーカーを例に挙げれば、他社よりも優れた性能のエンジンをつくる技術や、

部品を小型化するための工夫などが、ここでいうコア・コンピタンスに当たります。

長期的かつ安定して成長している成功企業は、いずれも固有のコア・コンピタンスを持っています。

自社のコア・コンピタンスを見つけ、経営戦略の一環として重点的に強化していくことが、企業競争力を高めるうえで欠かせません。

[注1] Harvard Business Review:The Core Competence of the Corporation

ケイパビリティとの違いは?バリューチェーンにおける役割を理解しよう

コア・コンピタンスとよく似た言葉として、「ケイパビリティ(Capability)」があります。

コア・コンピタンスとケイパビリティの違いは次の通りです。

バリューチェーンとは、仕入れ、製造、流通、広告宣伝、販売といった企業価値を生み出すための一連の活動を意味します。

コア・コンピタンスは、これらバリューチェーンの特定のプロセスで力を発揮する生産技能やテクノロジーのことです。

一方、ケイパビリティはバリューチェーン全体にまたがる概念で、どの生産プロセスにも役立つような、

組織全体の活力や業務遂行能力を表します。

 

コア・コンピタンスを見つけるための5つの視点

それでは、どうやって他社にないコア・コンピタンスを見つければよいのでしょうか。

次の5つの視点を持ち、自社の企業活動を振り返ることが大切です。

  • 模倣可能性(Imitability)
  • 耐久性(Durability)
  • 代替可能性(Substitutability)
  • 希少性(Scarcity)
  • 耐久性(Durability)

以上の5つのポイントについて、これから順に解説していきます。

模倣可能性(Imitability):他社に真似できないかどうか

模倣可能性とは、競合他社に真似できない能力(コンピタンス)かどうかという視点です。

簡単に模倣できない生産技能やテクノロジーであればあるほど、競合他社が追いつくのに時間がかかり、

市場における優位性を確保できます。

移動可能性(Transferability):応用が利くかどうか

移動可能性とは、特定の製品やサービスだけでなく、他の分野にも応用できる能力かどうかという視点です。

幅広く応用可能な技術やスキルを獲得できれば、新たな開発コストをかけずに、次々と優れた商品を生み出すことが可能です。

代替可能性(Substitutability):唯一無二の強みかどうか

代替可能性とは、他の方法では代替ができない、唯一無二の強みがあるかどうかという視点です。

代替可能性のない(置き換えが難しい)コンピタンスがあれば、市場で高いオリジナリティを発揮し、

その分野のシェアを独占できます。

希少性(Scarcity):高いアドバンテージがあるかどうか

希少性とは、その生産技能やテクノロジーが市場において珍しいかどうかという視点です。

同じ技術やスキルを持つ競合他社がいないため、希少性の高いコンピタンスを獲得できれば、

市場において高いアドバンテージを発揮できます。

耐久性(Durability):年月の変化によって陳腐化しないか

耐久性とは、そのコンピタンスが年月の変化にともない、劣化しにくく、陳腐化しにくいかどうかという視点です。

AI・IoT・ロボティクス・ビッグデータといった新たなテクノロジーが次々と登場し、

製品やサービスのライフサイクル(寿命)が短縮化しつつある今、陳腐化しづらいコア・コンピタンスを発見するのは困難です。

しかし、仮に耐久性の高いコア・コンピタンスを見つけることができれば、今後長い期間にわたって、

市場における競争優位性を確保できます。

 

コア・コンピタンスを見つけ、企業競争力を高める経営戦略が必要

企業競争力を高めるには、競合他社にはない「コア・コンピタンス(自社の強み)」を見つける必要があります。

コア・コンピタンスを探す視点は、「模倣可能性(Imitability)」「耐久性(Durability)」

「代替可能性(Substitutability)」「希少性(Scarcity)」「耐久性(Durability)」の5つです。

市場における優位性を確保するため、自社の強みを重点的に強化する経営戦略が必要です。

その他のカテゴリーOTHER CATEGORY

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT