中小企業の業績を最短距離で伸ばすなら株式会社武蔵野の経営コンサルティング

株式会社武蔵野経営サポート事業部

MUSASHINO COLUMN

武蔵野コラム

2022/01/19 07:30

武蔵野社員の奮闘記

お世話になった上司とケンカ

ケアサービス事業本部部長 光本恵里香

入社後に最初に配属された第二支店では、かなり満足のいく成績を収めることができました。
最初の新卒キャンペーンでは、なんと1位を獲得しました。
しかも、新卒だけでなく、ベテランも含めた全体でもトップでした!

成果を出せたことがうれしかったのですが、何よりうれしかったのは、お客様に名前を覚えてもらったことです。
交換のためにお客様宅にいくと、普通は「ダスキンさん、ありがとね」というように、「ダスキンさん」と呼ばれることがほとんどです。
もちろん私も最初はそうでした。
しかし、回を重ねていくうちに「光本さん」と名前で呼んでいただける機会が増えてきたのです。

あるお客様からは「他の方ではなく、光本さんにお願いしたい」と指名をいただいたこともありました。
これはルートマン冥利に尽きる誉め言葉で、キャンペーンで1位を取るのと同じくらいうれしかったです。

ところで、どうして1年目から成果を出すことができたのか。
自分では、小さな工夫の積み重ねが好成績に結びついたと思っています。

たとえばいまでいう「置き配」を指定しているお客様でも、置いて終わりではなく、インターホンを押して「置いておきますね」と一言かける。
お客様に呼びかけるときは、「お客様」ではなく、なるべく個人名で呼ぶ。
お渡しする伝票に、「いつもありがとうございます」などと直筆で一言書いて気持ちを伝える……。

いずれも小さなことですが、これらを積み重ねることで、いつしか「ダスキンさん」から「光本さん」になっていったのです。

こう書くと、私がデキる女みたいですね(笑)
タネ明かしをすると、これらの工夫の多くは店長のUさん(現在は退職)から教えてもらったものです。
Uさんは私にとって二人目の店長です。
同じ女性で、いち早く店長になったこともあって、憧れの存在でした。
小山はよく「結果が出ていることをマネろ」と言いますが、私にとってはUさんの教えがそれ。
私が成果を出せたのも、Uさんが過去に成果を出したノウハウを教えてもらって、そのまま実行したからでした。

おかげで最初のキャンペーンから好成績で(最初の3カ月は何が店長でした。もちろん何にもしっかり基礎を教えていただきました!)、
最初の半期からA評価に。
私は単純なので、評価されるとうれしくなって、さらにやる気になります。
その好循環で、第二支店にいた2年のうちAが3回、Bが1回と、なかなかの高評価を続けることができました。

私をうまく導いてくれた恩人のUさんですが、実は一度だけ衝突したことがあります。

たしか入社1年目の最後のほうのキャンペーンでした。
キャンペーンでは、お客様に「こんなモップが出ましたよ」などと積極的に提案をします。
当然お客様のためになる提案をするのですが、問題はその回数です。
キャンペーンは季節ごとに行われるので、年に4回。
回を重ねるごとに、お客様からけんもほろろに断られるケースが増えてきました。

「このまえ新しく契約したばかりでしょ?」
「前もお試し断ったけど、またなの?」

こちらがよかれと思って行う提案も、たび重なればうっとうしいだけ。
お客様の気持ちもわかるので、私は自分の提案が本当にお客様のためになっているのかどうか、自信を持てなくなっていました。

一方、Uさんは私に成果を出させようと、いろいろ指導をしてくださいます。
私はそこでジレンマに陥り、とうとう「これって意味あるんですか!」と爆発してしまったのです。

私の疑問に、Uさんは「提案がいいか悪いかを決めるのはお客様」と返してきました。
冷静になればその通りだと思います。
しかし、そのときは興奮していて理解できず、その日はお互いに無視するような形になって終わりました。

家に帰ってUさんの言葉の意味を考えたら、自分が爆発したことが恥ずかしくなりました。
翌日きちんと謝りにいったら、Uさんは「わかったなら、今日も頑張ってね」と大人の対応。
もとの関係に戻れてホッとしたことを覚えています。

Uさんは退職されましたが、いまも交流が続いていて、たまに一緒に飲みに行きます。
自然に昔話になって、「光本さんはあのころ言うこと聞かなかったわよね」と笑われたりしています。
Uさんには「あのころよりは成長しましたよ」と言いたいです(笑)

 

次回は“新卒社員がふてくされた理由”

次回もお楽しみに!

-----------------

【無料見逃し配信のご案内】

-----------------

■経営計画の本質は「経営方針」にあり■

以前行ったセミナーの録画配信となります。
見逃された方は是非この機会にご視聴ください。

社員との考え方のミスマッチにお困りの経営者の皆様
理念を伝えてもわかってもらえない社員の
指示待ちの姿勢に不安を感じていませんか?
社長の考えは目に見える形で示さないと社員には伝わりません。

年間100回以上の講演を行い、小山昇に直接学んだ役員が
究極の人心掌握メソッドを公開します。

お申込み・詳細はこちら

その他のカテゴリーOTHER CATEGORY

武蔵野のサービスに
ご興味が出てきた方

CONTACT