2021.06.07

守りに入っていては何も生まれない

経営改善コラム

IMG_2777

守りはダメです、攻めていかなければいけません。

課長を長くやっていると、ヤレヤレと思って隙ができます。

 

ですから、いまから3年前の経営計画書に

「課長職は3年定年制とし…」としました。

 

いま、3年以上同じ部署で課長をやっている人は、一人もいません。


経営理念に「留まることは退歩である」とあります。

なぜ留まることが退歩なのかというと、

今ここにいても時代が変わってしまうからです。

明日になると、一日だけ時代が前に進むのです。

 

みなさんは、あまり風景が変わらないと思っていますが、

確実に一日、時代が新しくなっているのです。

ですから、それに向かって、頑張っていかなければなりません。

 

そんな時、多くの会社はブレーキを踏みますが、

このような厳しい中にあっても伸びている会社は、

アクセルを踏んでいるのです。

 

みなさんは、運転中に信号が青から黄色になったら、

ブレーキを踏みますか?踏みませんよね?

“注意してアクセルを踏む”はずです。

それが正しい。ブレーキを踏んだら前に進めません。

現状をいくら守っていても、改革はできません。

 

製造業でしたら、こういう時こそ環境整備をやるとか、内作にするとか、

不況のときしかできないことをやるのが、前に進む道です。

 

 

これまでに全国から24,000人が参加!

18年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)