2021.05.31

”前向きに検討する”は信用しない

経営改善コラム

IMG_0160 (1)

「前向きに検討する」という言葉は、結論から言いますと何もしないということです。

 

私の娘が小学校3-4年時、私はPTA副会長をやりました。
PTAで議論をし、「わかりました。学校側と相談し、前向きに検討します!」と言い、
(2年間役員をやったけれど)新しいことはひとつもやりませんでした(笑)。

 

「前向きに検討」するとは、「やらない」ということです。
ですから、みなさんが「前向きに…」と言っても、私は信用していませんから安心して下さい。

 

多くの方は出世したいと思っています。
でも、仕事はしたくないのですよね。
責任はとりたくない、新しいことはやりたくない、仕事もしたくない、そんな人がどうして出世するのでしょう?

 

出世したいなら、なんでもかんでもチャレンジする。
チャレンジして失敗して、その失敗から学んで、
また新たなチャレンジをすることが、結果として(何もしない人よりも)早く出世をするのです。


これまでに全国から24,000人が参加!

18年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)