2021.02.08

新しい発想やオリジナリティに価値はない

経営改善コラム

IMG_17330

「独創的な商品を作り、特許をとった」
……この商品が売れるか?というと、売れません。
特許商品は、売れないのです。特許は、山ほどあるからです。
かくいう私も、3つ特許を持っています。

特許などより、いまある商品を改良するほうが、売れます。
現在目の前にある、当たり前のものを、お客様の不満を改善・改良する商品にしたほうが良いのです。

「特許」や「実用新案」などがあると、それだけで満足しがちですが、
それらを持っていてもなんのビジネスにもなりません。
なぜなら、“世の中の人がみな知らない”ことだからです。

良い例が携帯電話。
世の中に出た時には誰も知らなかったから、売れませんでした。
世の中に出てきて、みんなが知るようになってから売れるようになりました。

ご存知の通り、最初の携帯電話は、電話するだけ。
次にメールができるようになり爆発的に売れ、さらにカメラが付いて爆発的に売れ、
…と、みんなが知っているモノを改良したほうが、独創的なモノよりも売れるのです。
だから「独創的だから良い」ということと、商品が売れることは、別なのです。

新しい「独創性」など狙ってはいけません。
大切なのは、いまやっている仕事で、お客様から
「こんなことできないの?」と言われたことを拾い上げ、改善をしていくことです。
それこそ最高の独創性なのです。

経営サポート事業部が計画を作ったとき、達成するとは私以外、誰一人として思っていませんでした。
が、達成しました。
その理由は独創性があったからではなく、お客様から言われたこと、いままでやっていたことを、すべて改善したからです。

独創性などといって、自分のアタマで考えてはダメです。

これまでに全国から24,000人が参加!

18年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)