2021.01.04

チェックにヌケが出ないには

経営改善コラム

2018-04-21_030 (2)

部下を指導する上司は、チェックリストを持っていないから、チェックにヌケが出るのです。
リストを使わなければいけません。


わが社の一番簡単で、最高のチェックリストは、
経営計画書の冒頭に載っている「経営計画書配布先一覧表」です。
新人と中途採用者を除いて、全社員の氏名が記載されています。
私はいつも、これでチェックをしています。


このように、最初は“今あるもの”を使ってチェックをする。
もし使い勝手が悪かったら、あとからチェック項目を追加すれば良い。
それが正しいチェックリストの使い方です。

何もない所からチェックリストを作ろうとすると、失敗します。
さらに、チェックをしたら、その後必ず確認をするということが大切です。
そうしないと、必ず漏れが出ます。


チェックとは確認をして印をつけることです。
経営者はマクロにチェックしてマクロに対策をとり、
管理職はミクロにチェックしてミクロに対策をとるという仕事の仕方をしなければなりません。
部下はチェックされることにより、気がつかない部分の指摘を受ける。チェックがなければ進展がない。


自分のことは自分でチェックし、部下のことは“チェックリストを使って”チェックする。
それが大切です。

 

 

 

これまでに全国から24,000人が参加!

18年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)