2019.05.13

チェックリスト

経営改善コラム

ko

多くの人は、チェックをする場合、頭の中でチェックします。

しかし、頭の中のチェックでは、必ず“抜け”が生じます。

よって、必ず「チェックリスト」を作って
チェックしなければなりません。


私は、PDA(携帯情報端末)で
スケジュールをチェックしています。

そして、個別スケジュールは必ずプリントアウトして、
アナログデータで持っています。

空いた時間があれば、
スケジュールとPDAのデータを組み合わせ、
どこまでできているかチェックをし、
予約などが完了したら●を付けています。

そうしておかなければ
「予約した」「あるいは誰かに指示した」
などは忘れてしまいます。


人はなぜメモをするのでしょう。
それは忘れるためです。

なぜ、チェックが必要か。
チェックして記録したら、忘れて良いのです。

みな憶えておこうとしますが、
許容量があるということを忘れているようです。


私は、JRのチケットを買う場合、
前もって白紙の購入申込書を持っておいて、
空いた時間に必要事項を記入し、窓口ですぐ買えるようにしています。
(駅に行ってから記入して買うなどしません)

チェックとは、その場でするのではなく、
事前にどのくらいチェックリストを準備しておけるかで、
仕事の中身が変わります。

口頭で伝えるだけでは、絶対に抜けがでます。
「はい」と返事をしたら、その場でメモをとることまで徹底する。

私は、携帯電話のメールにメモをして、自分に送信しています。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)