2018.11.16

会社 1

経営改善コラム

20181116コラム

今回のテーマは【会社 1】です。

皆さんは朝、家を出て会社に働きに行くと思っていますね。
世の中の多くの人は皆、そう思っています。

朝、会社に行けば働いていると思う。
会社に来たら、給料を支払わねばならないからです。
何もできない人にも。
厳しい言い方ですが、実は経営の視点で見れば、大変なことです。

会社に来て仕事をしていると思っている人は、とても多い。
そうではありません。
会社は働きにくるところではなく、「成績を上げる」ところです。

これを、間違えないでいただきたいと思います。

お客様に喜ばれることをする、あるいは業績が上がる仕事をするところが会社です。
会社は来るところ、ではありません。

タイムカードを押して、昼食を食べて、帰るまで会社にいれば働いたと思っている人は、会社に来る必要はありません。

まずは、方針を実施する責任があります。
わが社の場合は、「経営計画書」に書いてあります。
ここに書かれていることを、一つ一つ実施していくことです。
書かれている言葉だけ読むと、誰でもできることが書いてあります。

ところが、皆、できない。
なぜできないか。
すぐにやらないからです。あるいは、やろうと思っていないから。

実績を上げるには、お客様が困っていることを聞けばよいのです。
お客様のことを知る努力が大切です。

○○さんが、カレーライスを食べたいと思っています。
そこへ行って、ラーメンがおいしい、ラーメンがいいと提案してもいらないに決まっている。

何が欲しいのか、何に困っているのか、どういう考え方なのか、を聞くことです。
聞いて困っていることがわかったら、上司と一緒になって解決方法を探し提案します。

会社へ来るだけで働いていると思ったら、間違いです。
方針を実施して、実績を上げる。
お客様に喜ばれるような成績が上がらなければ、働いているとは言わないのです。

読者のみなさんは、どうですか?

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)