2018.11.13

言い訳

経営改善コラム

20181113コラム

今回のテーマは【言い訳】です。

あなたは、言い訳をどのような言葉を使ってしますか?

「時間がなかったので」「やり直しをして遅れました」等々。

いかなる理由をつけても、それは自分を正当化しているだけです。
自分の能力がないことを、世間に発表しているのです。
でも大抵の場合、言い訳しても大丈夫です。

上司は言い訳を聞いても、「あいつ、能力ないな」と思わないからです。
むしろ部下が言い訳し、自分を正当化するのを聞いていて、そうだなと思えてしまう関係が問題なのです。

私は、言い訳を聞くと「こいつだめだな」と評価します。
私は言い訳をしません。

クレームの時も、言い訳をしない。
「はい。そのとおりです」と、認めてしまう。
本当のことばかり言うので、お客様は突っ込むことができません。

言い訳したら「お前、社長なんだろう」と、きっと鋭く突っ込まれるでしょう。
部下のミスも、「はい。私の指導が至らないからです」。

すると、お客様はもう怒れなくなります。

皆さんも、言い訳はやめてください。
人のせいにしたからといって、何か事実が変わりますか?
「いや、それは部長のKさんが言ったので」と、人のせいにして物ごとがよくなりますか?
結果が変わりますか?

結果は変わらない。
契約できない事実、物を壊した事実、電車に乗り遅れた事実は変わらないのです。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)