2018.10.09

仕事はスポーツと同じ

経営改善コラム

20181009

今回は、よくたとえ話として、仕事について解説するときのことを書きます。
仕事は、スポーツと同じです。
嫌々やれば、仕事の奴隷です。

しかし、仕事に楽しみを見いだすとことができれば、スポーツと同じです。
野球でも、誰もがいつもヒットを打ちたいと思っています。
監督から「バントをやれ」と命令されて、気持ちよくできる人は少ないでしょう。
普通は、バントはやりたくないのです。
アウトになることが、わかっているのですから。
しかし、いい思いだけしていても、チームが戦って勝てるわけではありません。

ですから、私は社員には順番に嫌な思いをさせようとします。

これは、会社の方針です。
口を酸っぱくして、社員に言っています。

「社員が嫌な思いをすれば本人は成長するし、会社もよくなるから、嫌な思いをしなさい」

しかし、誰でも自分から嫌な思いを、率先してしようと思う人は少ないでしょう。
だから、私が順番に嫌な思いをさせているのです。
特に、幹部社員には。

お客様からコールセンターにクレームの連絡が入った場合、皆さんの会社でも担当者へ連絡しますよね。
そのときに、どう考えて行動するかです。
すぐに行く人。
あとは「まあいいか、面倒くさいから明日でも」と考る人。
このちょっとした行動の違いで、結果は大きく変わるのです。

当たり前のことですが、お客様のところへすぐに行くことが最優先です。
自分を犠牲にして汗をかき、嫌な思いをするとお客様はいい思いをします。

また、飲み屋さんに行ってビールを頼んだときに、すぐに持って来る店と時間がかかる店では、どちらがいいですか?
もちろん、すぐに持って来るお店ですよね。
しかし、すぐに持ってくる店の社員は大変です。
でも、お客様の満足度は高いので、再来店の確率が高くなります。
だから、会社の業績が上がるのです。

ここを間違えてはいけません。
お客様より評価を戴くと、給料・賞与になって自分に入ってきます。
そこで、いい思いをすればいいのです。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)