2018.09.14

社長で会社は変わる

経営改善コラム

20170725

私は機会があるごとに、我が社の責任者に言うことがあります。
朝の早朝勉強会、会議の席など、とくに新人の責任者には、うるさく言います。
それは一人でも部下を持ったら「その瞬間にあなたは人事担当者・教育担当者なのです。」ということです。

なぜならその瞬間に、その部下のかけがえのない将来、人生の多くの部分にあなたが多大な影響を及ぼすことになるからです。
部下は上司で変わります。会社もそうです。
世の中によい会社はありません。1社もないでしょう。
よい会社も悪い会社もないのです。「よい社長」と「悪い社長」がいるだけです。

このことも、私が主催する実践経営塾に参加している社長に言います。
「電柱が高いのも社長の責任、郵便ポストが赤いのも社長の責任である」と。

社長で会社は変わる。
自社の社員がダメな人が多いというのは「社長のあなたがダメ」なのです。

例えば、我が社では下の人が勉強会にきちんと参加しないと、それは上司の責任にしています。
もっと言うと、社長の責任です。
社長が、その人を責任者にした決定をしたのですから。

また、我が社では勉強しない人が、いつもクレームを起こしてお客様にご迷惑をかけています。
クレームを起こす層の一つは、新人です。
次に中途入社の人。
そして古株で、勉強をしていない人。
この人たちが、クレームを起こすのです。

勉強しても同じだと思っている社員が、いかに多いか。
どうしたらこの人たちに勉強をさせることができるか、社長である私はいつも考えています。

そこで評価に連動させて、強制的に教育をすることにしました。
また、以前は社員旅行でラスベガスへも連れていきました。
このときの参加率は高かった。動機は不純でも、勉強してもらえればよいと思っています。
それは不純な動機で勉強会に参加しても、その結果お客様への対応が向上すればいいのです。
清い動機でやらせようとするから、間違うのです。

他社の社員は知りませんが、我が社のレベルは社長が不純なので皆それに習えです。
清い動機では、人間は変わりません。
結果として人の定着がよくなり、募集費の削減につながるだけでなく、お客様サービスの向上につながるのです。

 

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)