2018.08.31

人に聞く、人に教えてもらう

経営改善コラム

120102

先日、あるサポート企業の会社に訪問してきました。
とにかく改善が進んでいるのと、お客様サービスのための仕組みが凄かった。
正直びっくりしています。でも理解できます。それは何故か。

その社長はとにかく私に聞くということを徹底しているのです。
人に聞く、人に教えてもらうということは恥ではありません。
人が伸びるために最も必要な条件です。
よく聞く人ほど進歩が早い。

あやふやなまま処理をしてしまう人には実は失敗が多い。

人に教えを請うことができる人は素直で、謙虚な人でもあります。
人に聞くことは宝です。

ところが、皆、聞かずに自分の力でやろうとします。
自分の力でやって成績があがらない人と、人の力を借りて成績が上がる人ではどちらが優秀だと思いますか。

人に聞いて成績を上げた人です。

聞くのはただです。どんどん聞けばいい。聞くのは恥ではありません。
何かわからないことがあると私はすぐ「教えて下さい」と聞きます。
「こんなこと知らないんですか」とよく言われます。
本当に知らないのです。

私は、コンピュータの設定など全然できません。
でも世間の人は私がITセミナーの講師をやっているということで、設定などもできると思っています。
でも全然わかりません。わからなくても、使えるからいいのです。
わからない部分は聞けばいい。
自分が知らなければいけないことは何か。

それはWEBサイトに入って情報をどう使えるか。
私はホームページを見られるコンピュータがあれば、そこから先は大丈夫です。
そして、我が社より進んでいる会社に行って教えてもらう。
教えてもらいながら、勘を働かせる。
話を聞きながら「ああ、これはものになるな」とか「これはならないな」と。
これは関連の社員に勉強してもらい、システムやプログラムが動くようになったら私が教えてもらいます。

何でも人に聞く、教えてもらう、それが一番早い。
私はすぐ何でも聞きます。聞かれると皆喜びます。時にはお金を払って聞きます。
格好をつけていても何の成長もしません。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)