2018.08.21

対策とは差を見つけること

経営改善コラム

IMG_2690 (1)

目標−実績=対策、売れる商品やサービスに対して一層の販売努力をすることです。

だめなものを何とかしようと思ってもダメ。目標と実績はその差が大きいほどよい。差をつめるのは誤りです。

 

計画を立て、今期の目標が達成できそうだと思っている人は、それを喜ばしいことと思っているでしょう。

でもちょっと考えて下さい。達成できることはいいことですが、目標が小さく実績も小さいために、次の対策がでないことはありませんか?

 

我が社では、経営サポート事業がスタートする事業計画を作ったとき、当初は5,000万で承認をしましたが、1億に変更させました。

それも無理やりに、です。

 

すると、「これは大変だ! 5,000万の計画のときのやり方では達成できない」と思い、知恵がでます。

つまり対策が出る。

結果、スタートの初年度1億の目標を達成しました。

 

目標が小さい人は、対策がないのです。

やめることも、対策の一つです。

 

例えば計画段階で「リンゴ」と「ナシ」の二つの商品があったとします。

計画段階では「ナシ」を売ろうと思い、「リンゴ」は少なくてもいいと思ったけれどもやってみたら「リンゴ」がたくさん売れて「ナシ」が売れなかった。

 

こういう場合はどうするのが正しいでしょうか。

普通は、目標を達成するために「ナシ」を売ろうとするのです。

これは間違いです。

「リンゴ」を売ることが正しい。売れない物を何とかしようとしてもやはり売れません。

 

「リンゴ」は放っておくと落ちてしまいます。ニュートンの法則です。

だから「ナシ」にかけていた戦力を外して「リンゴ」を売ることに力を入れるべきなのです。

 

「ナシ」を売る対策は「無し」です。

 

会社で計画を立てても、計画がマーケットとかけ離れていればやめるべきです。固執する必要はありません。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)