2018.08.17

仕組みでチェックする

経営改善コラム

20170922

なぜ社員がやる気になるか?

簡単です。
ポジションを与え、数字による目標を与え、やり方を任せる。
数字は幹部に参画させ、自分で作成するので数字の目標は明確です。
方針は経営計画書作成アセスメントから参画させ、自分達で方針を立て、部門の実行計画を立案し、個人レベルに落とし込みます。

後は与えられたポジションでその人の裁量で業務を遂行させます。こうすればとても社長も社員もやりやすい。
いくつか紹介すると、出勤時間や休みの変更は全て部門長の自由裁量です。
総務・社長は、決定されたことの報告を受けるだけです。

仕入れ先の選択は、既存事業は役員決裁です。どこと取引をしてもよい。
社長への報告は事前・事後、どちらでも良い。
「目標数字を達成すれば良い」というのが私の考えです。

私は任せることと、任せないことを明確にします。
また、悪いことの報告は「必ずせよ!」と厳命しています。
クレームはボイスメールで第一報、報告書は社長の自宅にFAXが来る仕組みです。

絶対に報告が来る仕組みです。
クレームに関して金銭的な支払いは、社長宅に送られたFAXにサインをしたものでないとお金を支払わないシステムです。
社長の目に触れるようにしています。

ほとんどの会社は社内に導入する仕組みはあるが、定着、改善する仕組みがない。

経営計画書に「整理」の方針の一つに、「いる物といらない物を明確にし、最少必要限度までいらない物、使わない物をとにかく捨てる。」と書いてあります。

書いてあることを具体的にどう実施して、評価するか。
こういうことを一つ一つ仕組みで解決をしないと会社の改革は進みません。

 

 

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)