2018.07.27

戦力になる人材【1】

経営改善コラム

20180728

「戦力になる人材」とは、社長と価値観が共有できている人であると私は考えています。
社長のコピーを何人つくれるか、で強い組織になるかどうか決定します。
この考え方は、価値観が多様化している現代では奇異に受け止められるかもしれません。

実際に私の本を読んでの感想は、二極化しています。
社長の独断でおかしいとか、独裁的な経営手法は間違っているなどです。
しかし反対では、共感できますという声、また改善・実践できることが満載でよかった、などの意見もたくさん戴いています。

私は、この手法がすべての中小企業の経営に正しいと思っていません。
経営者として、自分にあった経営スタイルでいくことがいいのです。

自社の幹部社員、また研修(実践幹部塾)に参加している他社の幹部社員にも社長の考え方に合わない人は、早く会社を辞めたほうがいいとはっきりと言います。
そのことが、その人にとっても部下にとってもいいことです。

社長の価値観が違うと考えている上司の下で働く社員は可哀そうです。
部下にとって、上司が会社ですから。
「仕事の中に人生がある」と、私はいつも社員に言っています。
仕事での時間が人生の中で かなりのウエイトを占めます。

また、現在の仕事内容によって人生が大きく変わってきます。
中小企業は大企業と違い経営資源が限られています。

その経営資源を有効に活用する。
とくに人材は社長と同じ方向を向いて、シナジー効果を発揮して、1+1を3または4にしていくことが大切だ、と私は考えています。

社員の意見を聞かない、ということではありません。
現場からの意見・お客様からの意見は、非常に大切です。
無視をしたときは、会社が潰れるときです。

社内の問題解決は、現場社員参加型のチーム活動で実施しています。
決定するまでの意見はどんどん言って問題はありません、但し決定した後はその決定に、全員で進んでいきましょうということです。

その決定事項に、反対をして実施しない幹部社員はわが社では不要ということです。

 

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)