2018.07.24

資金運用計画・社長が見るべきポイント【2】

経営改善コラム

20160425_049

「社員に対する方針~給与~」を、明確にする。

わが社の経営計画書に「人事評価に関する方針」があります。

 

私の考え方は簡単に言うと「幹部優遇」、「社員冷遇主義」です。

幹部には難しい仕事。

仕事量は一般社員よりもしてもらいますが、その分給料は支払いますという考え方です。

ですから幹部社員には、はっきりとそのことを伝えています。

 

「嫌ならいつでも平社員に戻れ」

 

社長である私は誰よりも給料が高いので、会社の中で一番仕事をしています。

ですから幹部になると「仕事が楽」になるという考え方では、武蔵野では勤まりません。

 

前回も書きましたが、幹部は「社長の方針を実現する人」です。

 

役員・本部長には、更なる権限を移行しています。

数値責任は勿論の事、権限を移行した分、報告義務も追求しています。

 

また、わが社では定期的な人事異動を実施しています。

それは長くその部署に置いておく「幹部」が「ガン部」になるからです。

自分は仕事ができると錯覚してしまうのです。

過去の体験にしがみつき、新しいことに挑戦をしなくなってしまう。

また、長くその部署にいると人に仕事が付き、仕事がみえなくなる。

仕事に人が付くと、仕事が見えてくるのです。

 

手前味噌ですが、よく「武蔵野さんの幹部は優秀ですね」と言って頂きます。

これは、教育と体験をさせ育ててきた結果なのです。

特にイヤな体験をたくさんさせました。

人間は辛いこと、イヤな体験をして成長していくと私は考えています。

 

そのような体験があるから、部下の気持ちがわかり指導ができるのです。

優秀な人は、できない人の気持ちがわかりません。

 

私は、失敗の体験は誰にも負けないと自負しています。その失敗の体験があるから、他企業の指導をしてお役に立てるのです。

 

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)