2018.06.15

会議のやり方で会社は変わる

経営改善コラム

0615コラム

今まで当たり前だと思っていた会議のやり方を見直すことは重要です。
会議での発表順を変えるだけで大きな変化をもたらすからです。

経営者にとって、もっとも重要なことは部下とのコミュニケーション。
特にヒヤリングだと思います。
「話す」のではなく「聞く」ことです。

どんな組織でも、上に立つ者、あるいは声の大きな者が意見を述べると下の者は従わざるを得ない雰囲気が生じます。
せっかくよい意見を持っているのにもかかわらず、立場上、性格上として発表しない人がいては組織としては損失です。

だからわが社の会議は、意見を求めるとき、発表するときは職責が下の者から順に発表するようにしています。
役職上位から発表をさせると、違った意見をもっていても上司の意見に迎合してしまうからです。

このやり方だと本当にいい意見がどんどんでてきますし、社員の参画意識も変わってきます。

 

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)