2018.02.23

「ピラミッド型」と「ブンチン型」

経営改善コラム

IMG_1891

組織は「ブンチン型」でなく、「ピラミッド型」が正しい。

そのほうが、目が行き届いて良い。

効率は、悪くて良いのです。

 

人間の能力には限界があります。

マネージメントができる人は、少ししか居ないのです。

特に、わが社の幹部社員は、“10人以下”の部下でなければ実績を上げることができません(笑)。

ですから、小さな組織にしています。

 

しかし「情報」は違います。

情報は「ピラミッド型」でなく、「ブンチン型」が正しい。

 

情報は鮮度が命です。

階層を飛び越えて、早くトップに伝わることが正しい。

 

わが社では、タブレット端末(iPadmini)を、全従業員(社員はもちろん、パート・アルバイトも全員)

に持たせて、「情報のブンチン型」を実践しています。

 

タブレット端末を支給してから、情報の回る速さが格段に変わりました。

竹やりから空中戦に戦い方が変わったのです。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)