2017.11.28

企業文化は繰り返し教えるのが基本です

経営改善コラム

20160425_020

企業文化を浸透させるには、基本的に繰り返し行うことです。

 

早朝勉強会も教材は『仕事ができる人の心得』と『経営計画書』だけです。

これだけ使って、同じ事を25年間ずっとやり続けています。

 

例え入社した時に出来が悪くても、教育の成果が出て部長になった人も武蔵野には居ます。

能力がないことは問題ではありません。

問題は「入社してから」です。

 

入社してから

  1. 努力をする
  2. 言われたことを実行する
  3. 基本的なことを繰り返し繰り返し実行する

 

そうすることで、武蔵野の文化が自分の中に入る。

そうして社長の言うことが心から理解できて実行できるのです。

 

以前インターンシップに同行した社員が「○○さんの言っていることは、社長と同じですね」と言うので、「社長と同じことを言っているから部長になれたんだよ」と答えました。

 

同じ事を何回も何回も繰り返すから、浸透するのです。

 

武蔵野幹部の頭の中は小山昇だらけです。

 

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)