2017.10.27

適正があるかはやらせてから判断しなさい

経営改善コラム

IMG_0901

リーダーになる素質があるかどうかは、筆記テストではわかりません。

実際にやらせてみない限りわからないのです。

 

だからといって、大きな集団でやろうすると被害が大きくなってしまいます。

一番の被害は、会社でも本人でもなく、部下の社員達です。

よって、小集団が良いのです。

 

初めて責任者になると、どんな人でもすぐにある病気になります。

一人の例外なくかかる病気、それは『安請け合い病』です。

いま居る幹部も、全員その失敗を経験して成長してきました。

 

しかし、失敗をしたらそのままその部門で責任者を続けさせるのではなく、別部門で再チャンスを与えることも大切です。

 

責任者になる、あるいはなりたいと思うことと、うまくいく仕事とは話が違います。

現に、店長時代、部下に不正をされ続けたある人は、管理・改革能力に秀でていることがわかり、現在その部門で活躍中です。

 

小集団にして、リーダーの素質、社員の適性を見極める。

 

「仕事は、やらせてみなければわからない」というのが結論です。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)