2017.07.28

社長ならITツールを複数持ち歩きなさい【2】

経営改善コラム

16602926_1420191451371117_4266932700563404104_n

前回は、ITツールの複数持ちについての理由にリスク管理を挙げました。

複数台を持ち歩く理由は、もう一つあります。

それは、仕事を効率的にこなすためです。

 

ITツールは、それぞれに向き不向きがあります。

携帯電話は音声通話に強みがあります。

スマートフォンでも通話は可能ですが、スマートフォンで電話するとあっという間にバッテリーが切れてしまう。

スマートフォンは携帯電話より画面が見やすく、視覚情報を処理するのに向いている。

タブレットはスマートフォンよりも画面が大きく、書類サイズのデータを扱うときに便利です。

 

さまざまな機能を一台に詰め込むと、設計上の制約を受けてどの機能も中途半端になりがちです。

ツールが80点だと、自分の能力が100点でも力は80点までしか発揮できません。

その結果、仕事の能率が落ちて、処理が滞ってしまうわけです。

 

それぞれの長所をつまみ食いすれば、ツールに足を引っ張られることなく最高の状態で仕事ができます。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)