2017.03.31

生産性を上げるのに、人件費をケチるな

経営改善コラム

生産性を上げるのに、人件費をケチるな

多くの社長は、「どうしたら、お金を払わずに働かせることができるか」を考えます。

でも、私は違います。たくさん給料を払ってでも、「生産性の高い仕事をさせる」ことを考えています。

 

人件費を減らして利益を増やす発想はダメ。「短時間でたくさん給料を払ってくれる会社」と「給料は少ないのにたくさん働かされる会社」では、間違いなく、前者のほうが従業員の定着率は上がります。

 

多くの会社は、「人件費を減らす」ために残業問題に取り組んでいます。でも、「人件費を減らして、会社の利益を増やす」ことを目的にしてはいけません。

わが社は、「労働時間を減らしながら、生産性を上げる」「社員の可処分所得を増やす(減らさない)」「社員教育に投資してスキルアップを図る」「社員の健康を守る」など、職場環境をよくするために残業削減に取り組んでいます。その結果、残業が減って売上等がアップしている。

 

多くの社長は、「安い給料で、能力が高い人を雇おう」とします。一方で多くの社員は、「自分の能力以上に、高い給料をもらおう」とします。

武蔵野は、「社員の実力どおりの給料」を支払っています。年齢や職責にかかわらず、がんばればがんばるほど収入が増える仕組みは、わが社の給料体系の大きな特徴です。成果が出なければ基本給の昇給は少なくなり、成果が出れば、昇給額が倍の金額を受け取ることができます。

 

ある年、賞与を一番多くもらった人と、一番少なかった人とでは格差が「72倍」でした。

チャンスは平等に与え、そして成績によって差をつける。これが本当の公平です。

全国から5,510社を超える企業が参加!

16年連続増収の会社、武蔵野の現場を直接見られる

「現地見学会」

現地見学会は、武蔵野の経営サポートの基本となる「環境整備」「経営計画書」を、
実際にあなたの目で検証していただく場。
業種・業態を問わず、必ず貴社が「使える仕組み」が見つかるはずです。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!
小山昇のメールマガジン

社長・管理職の方はこちらもご覧ください。

経営サポートの内容を知るために役立つ資料を無料でお届けします。

増収増益の会社の
コツが分かる!
資料・小冊子

社長と幹部と社員のカン違いから目を覚ませ!

小山昇のメール
マガジン

社長・管理職の方は
こちらもご覧ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間/9:00〜17:00(月〜金)